サイモン・チェルトンの履歴

サイモン・チェルトンは1987年から日本に関わる業務に従事しており、日本語を話すことができます。彼は防衛省防衛研究所を修了後、2003年から2007年まで在京英国大使館付国防武官として勤務しました。その後、 彼は2009年から2012年にBAE Systemsの北東アジア地域企業・事業開発担当副社長を務め、日本とのより緊密なビジネスに向けた戦略的イニシアチブの一環として、日本の産業界との新たな関係とネットワークの構築を行いました。また、 BAE Systemsに在籍の間、彼はトップレベルの日英二国間政府諮問グループである日英21世紀グループの理事長を務めました。2012年2月、彼はチェルトンズ・コンサルティング社を創設し、日本と英国の間での関係強化の気運を生かして多くの企業と協力しました。彼は、英国王立防衛安全保障研究所の非常勤研究員でもあり、日本に焦点を当てた研究を行っています。

スチュワート・トンプソンの履歴

スチュワート・トンプソンは、英国海軍において主として後方支援部門及び航空部門で勤務し、在京英国大使館付海軍武官としての3年間の勤務の後に退役しました。この間、彼はインドネシア紛争及びフォークランド戦争に従軍しました。退役後に彼は、日本語とフランス語の通訳として英国貿易産業省で勤務し、日本と韓国への海洋技術の輸出に関するアドバイザーを務め、その後、川崎重工の顧問として9年間勤務しました。彼は現在、OCTO UK及びコンセプトイーストグループのコンサルタントです。

チェルトンズ・コンサルティング社の概要

チェルトンズ・コンサルティング社は、日本及び防衛関連業界での50年以上の経験と、日本での幅広いネットワークを有しています。弊社は日本と英国の企業に対して、新たな防衛関連市場環境の中で相互にとっての生産的な方法を提案できる知見、理解力、取引先を有しています。
他方、弊社の事業内容は防衛関連に留まらず、サイバー、災害救援、海洋安全保障などの広範なセキュリティ領域、更には商業的な航空宇宙関連市場をも含みます。